2010年06月01日

ほくろ除去は簡単にできる

メラノサイトはメラニンを生成する工場的な機能があるのみで、メラニンを貯蔵する細胞ではない。ドーパクロム、インドールキノンへと変化し、最終的には酸化、重合し、黒褐色のメラニンとなるが、構造は大変複雑であり、表記は難しい。メラニン(Melanin)は、人体において形成される色素である。 メラニン(Melanin)は、人体において形成される色素である。 name=ほくろ 英語=Melanocytic nevus ラテン語= 器官=感覚器 動脈= 静脈= 神経=ほくろ(黒子、mole)は、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞=メラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。メラニンのルーツは、アミノ酸の一つであるチロシンである。コンプレックスに感じてたほくろはほくろ除去で無かったことにしましょ。
メラニン色素ともいう。メラニンは水や全ての有機溶媒に不溶で、きわめて安定である。メラニンは蛋白質と固く結合しており、微細な顆粒状をしているが、その生成過程は複雑である。
posted by あっこ at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。